前へ
次へ

派遣社員としての新しい働き方

結婚をする前はバリバリと第一線で働くキャリアウーマンでした。
大手企業で総合職で仕事をしていたこともあり、給与も良くて待遇もかなり良かったと記憶しています。
また、女性の管理職への登用が盛んに行われていた時期と重なり、重要なポジションに抜擢されて、責任の重さとともに仕事にやりがいを感じていました。
そんな時にクライアントの会社の社員だった夫と知り合い、トントン拍子に結婚へと進みました。
当時は本当に何もかもうまくいっていて、まさに人生が薔薇色といった状況にあったのです。
しかしながら、結婚生活も半年をすぎる頃にはほころびが見え始めるようになりました。
お互い激務と言われる仕事に就いていて、家に帰ってくるのは午前様が当たり前の生活です。
新婚早々そんな生活を続けていたところ、あっという間にお互いがすれ違ってしまい、夫婦の間に隙間風が吹いているのを実感するようになりました。

塗装済みのすぐに使用できる商品も取り扱いしています

大きなゴミや家電ゴミは少し処分するのが面倒。ゴミによっては自治体で回収してもらえない場合もあるので、そんな時は専門の不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。
仙台でおすすめの不用品回収業者

これでは結婚をした意味が全く無く、それなら独身でいたほうがマシなのではとお互いが感じるようになってしまい、まさに結婚生活は危機的な状況に陥ってしまったのです。
お互い話し合いをする機会を持ちなんとかして一緒に生活できる方法を模索しました。
散々悩んだ結果、私が退職をして時間に融通が利く派遣社員として働くことを選択したのです。
問題の殆どが、私の休日出勤にあったことから、休日を夫婦で過ごすためにはどうしても私がやめたほうが丸く収まると判断しました。
着実にキャリアを重ねてきた事もあって仕事をやめて働き方を変えることには抵抗もありましたが、そうすることで結婚生活が改善されるのであればと退職を決意したのです。
程なくして派遣社員の登録をし、すぐに派遣先が決まると、以前に比べて驚くほど余裕を持った生活を送ることが出来るようになりました。
土日は主人が休みなので、一緒に旅行にでかけたり、食事を摂る時間を確保することが出来るようになり、これで良かったと感じています。

Page Top