前へ
次へ

人材派遣の仕組みと種類

人材派遣は雇用契約を派遣会社と結んで、別の会社で働く労働の事を指し示していますが、会社同士で対価を交わして人材を上手に適材適所に配置する事ができます。
給料自体は登録している会社から貰う形になり、実際に働く会社から給料等が発生する事はありません。
派遣の働き方にも様々なスタイルがあり、登録型や無期雇用型等が該当してきます。
登録型は実際に働く会社との契約が成立した時点で初めて雇用契約が結ばれる仕組みとなっており、雇用契約が労働者側にとって厳しい側面があります。
無期雇用型は、働く会社にマッチするか否かを心配する必要がなく、労働者が派遣会社と無期限で労働契約を結べる仕組みになっています。
登録型は実際に働く会社とマッチして働いている期間だけ、労働契約が結ばれるので給料等の面で不安がありますが、無期雇用型の場合は、働く会社が決まっていない段階から、毎月給料を支払ってくれるので、登録型よりも安定した生活を実現する事ができます。

Page Top